読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
無料で使えるシステムトレードフレームワーク「Jiji」 をリリースしました!

・OANDA Trade APIを利用した、オープンソースのシステムトレードフレームワークです。
・自分だけの取引アルゴリズムで、誰でも、いますぐ、かんたんに、自動取引を開始できます。

軽量サーブレットコンテナ「Winstone」でjspをさくっと動かす環境を作る

Java

軽量サーブレットコンテナ「Winstone」を使って、jspをさくっと動かすための環境を構築する手順のメモです。

※[http
//winstone.sourceforge.net/:title=Winstone]とは:サーブレットコンテナの一種。300kくらいの1つのファイルでHTTPサーバー、サーブレットコンテナの機能が提供されており、インストールが激しく容易。起動も高速でjspサーブレットをさくっと動作させたい場合に便利です。

概要

手順の概要は以下の通りです。

  1. Winstoneをダウンロード
  2. Tomcatからjasper関連のjarを取得して配置
  3. jspの実行を有効化するオプションを付けて、Winstoneを起動する

1.Winstoneをダウンロード

Winstoneのサイトからjarをダウンロードします。以下では、最新の「winstone-0.9.10.jar」を取得して使用しました。

2.Tomcatからjasper関連のjarを取得して配置

WinstoneJSPコンパイルに使用する「jasper」とその依存モジュールを取得し、適当なフォルダに保存します。

  • jasperはTomcatに付属しているので、Tomcatのアーカイブをダウンロードしてそこから取得します。
    • 今回は、手元にあった「apache-tomcat-5.5.27」から取り出しました。
  • 必要なjarとTomcat内での在処は以下の通りです。

必要なjarは以下の6つです。

    • TOMCAT_HOME/common/lib
      • commons-el.jar
      • jasper-compiler.jar
      • jasper-compiler-jdt.jar
      • jasper-runtime.jar
      • jsp-api.jar
    • TOMCAT_HOME/bin
      • commons-logging-api-1.1.1.jar

Winstoneはデフォルトでは「./lib」以下のjarをロードするので、以下の構成で配置しました。

└$ROOT
 ├winstone-0.9.10.jar
  └lib
  └ここに依存モジュールを保存。

3.jspの実行を有効化するオプションを付けて、Winstoneを起動する

後は、jspの実行を有効化するオプションを付けて、Winstoneを起動すればOK。

動作確認用に以下のjspを作成して、「$ROOT/webapps/test.jsp」に保存。

<%@ page contentType="text/html;charset=UTF-8" %>
<html>
  <head>
    <title>Hello World!</title>
  </head>
  <body>
    <% out.println("Hello World");%>
  </body>
</html>

「$ROOT」ディレクトリに移動し、「webapps」とJspを有効化するオプションを指定してWinstoneを起動します。

$ java -jar winstone-0.9.10.jar --webroot=./webapps/ --useJasper

起動後、以下のURLにブラウザでアクセスし、jspが実行されていればOKです。

http://localhost:8080/test.jsp