読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
無料で使えるシステムトレードフレームワーク「Jiji」 をリリースしました!

・OANDA Trade APIを利用した、オープンソースのシステムトレードフレームワークです。
・自分だけの取引アルゴリズムで、誰でも、いますぐ、かんたんに、自動取引を開始できます。

Timerを使うサンプル

Flex

Timerを使って定期的に処理を実行するサンプルです。Timerの基本的な使い方は次の通り。

  1. 引数で「次の呼び出しまでの待ち時間(ミリ秒)」と「実行回数」を指定してTimerを作成します。
    • 「実行回数」を0にすると無限に実行されます。
  2. 「addEventListener」で定期的に実行する関数をリスナとして登録します。
  3. Timer#start()でTimerを開始します。
package {

  import flash.display.*;
  import flash.utils.Timer;
  import flash.events.TimerEvent;
  import flash.text.*;
  
  // タイマーを使うサンプル
  public class Sample extends Sprite  {
    
    public function Sample(){

      var text:TextField = new TextField();
      text.x = 10;
      text.y = 10;
      this.addChild(text);
      
      // タイマーを作成。
      // 1秒ごとに10回リスナ関数を呼び出す。
      var timer:Timer = new Timer(1000, 10);
      var i:int = 0;
      // リスナ関数を登録
      timer.addEventListener("timer", function(ev:TimerEvent):void {
        text.text = String(i++);
      });
      // タイマーを開始
      timer.start(); 

    }
  }
}

コンパイルしたものはこちら