読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
無料で使えるシステムトレードフレームワーク「Jiji」 をリリースしました!

・OANDA Trade APIを利用した、オープンソースのシステムトレードフレームワークです。
・自分だけの取引アルゴリズムで、誰でも、いますぐ、かんたんに、自動取引を開始できます。

flexTasksでFlexをコンパイルする

Flex SDK 3.1.0をダウンロードすると、flexTasksなるAntタスクが添付されていたので、それを利用してのmxmlコンパイルを試してみました。以下、手順のメモです。

1.flexTasks.jarをAntのライブラリに追加する。

Flex SDKのアーカイブを展開したディレクトリの、

<Flex SDKのアーカイブを展開したディレクトリ>/ant/lib/flexTasks.jar

をAntのライブラリに追加します。

$ANT_HOME/lib

以下にコピーすればOK。

2.build.xmlを書く

build.xmlにタスクを定義します。ポイントは以下。

  • FLEX_HOME」プロパティとしてFlx SDKのインストールディレクトリを指定します。
  • 「taskdef」でflexTasksに含まれるタスクをAntで利用できるようにします。
  • mxmlc」タスクを使って、mxmlコンパイルするターゲットを書きます。
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<project name="swf-build-sample" default="build" basedir=".">
  
  <!-- AntからFlexのタスクが使えるようにする。 -->
  <taskdef resource="flexTasks.tasks" />

  <!-- 「FLEX_HOME」プロパティでFlex SDKのパスを指定する。 -->
  <property name="FLEX_HOME" value="<Flex SDKのパス>" />
 
  <!-- mxmlをコンパイルするターゲット -->
  <target name="build">
    <!-- 
    mxmlをコンパイル 
    fileでソースとなるmxmlファイルを、
    outputで作成するswfのパスを指定する。 
    -->
    <mxmlc file="hello.mxml"
           output="dist/hello.swf" />
  </target>
</project>

あとは、antを使ってbuildタスクを実行すれば、mxmlコンパイルされてswfファイルが作成されるはず。

$ ant -f build.xml build


Eclipseで開発しててコマンドラインからコンパイルするのがメンドイ。でもFlex Builderを買うのはちょっと、という人には便利かも。