読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
無料で使えるシステムトレードフレームワーク「Jiji」 をリリースしました!

・OANDA Trade APIを利用した、オープンソースのシステムトレードフレームワークです。
・自分だけの取引アルゴリズムで、誰でも、いますぐ、かんたんに、自動取引を開始できます。

ランダムな文字列を生成する関数

Java

データを全部「aaaa...」で作っていたら圧縮率が大変よろしくて試験にならんので、ランダムな文字列を生成する関数を書きました。

  • 「a-zA-Z0-9」の文字をランダムに組み合わせて
  • 指定された長さの文字列を生成します。
/**
 * ランダムな文字列を作成する。
 * @param size 文字列のサイズ
 * @return 文字列
 */
static String createRandomString( int size ) {
    StringBuilder sb = new StringBuilder();
    for ( int i=0;i<size;i++ ) {
        sb.append( seed[(int)(seed.length*Math.random())] );
    }
    return sb.toString();
}
private static final char[] seed = new char[62];
static {
    int i = 0;
    for ( char c = 'a'; c <= 'z'; c++ ) seed[i++] = c;
    for ( char c = '0'; c <= '9'; c++ ) seed[i++] = c;
    for ( char c = 'A'; c <= 'Z'; c++ ) seed[i++] = c;
}

使用例。

for ( int i =0; i<10; i++ ) {
    System.out.println( createRandomString(10) );
}

実行結果です。

7pcAPyZv4g
Bfhj8Gd1Ja
T6K0hiHDOv
dhl2T3cDAZ
opP8ek8F1B
f2NIIWgYdC
CGRgRhwV4a
glg2bxo9HP
x1W7AxvPNj
4iNyD5XvOD