読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
無料で使えるシステムトレードフレームワーク「Jiji」 をリリースしました!

・OANDA Trade APIを利用した、オープンソースのシステムトレードフレームワークです。
・自分だけの取引アルゴリズムで、誰でも、いますぐ、かんたんに、自動取引を開始できます。

Global beforeとafter

Ruby RSpec

beforeやafterを定義するには、

  • 各テストに個別に設定する
  • it_should_behave_likeを使って設定を共有する

ほか、「Spec::Runner.configure」を使って定義することもできます。この方法で定義されたbefore,afterはすべてのテストで有効となります。

以下は、「Spec::Runner.configure」を使ってbefore,afterを定義する例です。

#「Spec::Runner.configure」を使ってbefore,afterを定義
Spec::Runner.configure do |config|
  config.before(:all) { puts "before all" }
  config.after(:all) { puts "after all" }
  config.before(:each) { puts "before each" }
  config.after(:each) { puts "after each" }
end

describe "a" do
  it "a ex1" do
    puts "    a ex1"
  end   
end

describe "b" do
  it "ex1" do
    puts "    b ex1"
  end   
end

実行結果です。

$ spec test_spec.rb 
before all
before each
    a ex1
after each
.after all
before all
before each
    b ex1
after each
.after all


Finished in 0.03 seconds

2 examples, 0 failures