読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
無料で使えるシステムトレードフレームワーク「Jiji」 をリリースしました!

・OANDA Trade APIを利用した、オープンソースのシステムトレードフレームワークです。
・自分だけの取引アルゴリズムで、誰でも、いますぐ、かんたんに、自動取引を開始できます。

google-collectionsを使ってSetにフィルタをかけるサンプル

Java

Google Collectionsなるものを発見。APIを眺めていて、Sets.filterユーティリティが個人的にちょいぐっときたのでサンプルを書いてみました。

import static com.google.common.base.Predicates.*;
import static com.google.common.collect.Sets.*;
....
// セットを作る。
Set<String> set = newHashSet("aaa","bbb","ccc"); // このメソッドも地味にうれしかったり。

// Setをフィルタリング。
// or や equals はPredicatesの関数で、これで作成されたPredicateにマッチする
// 要素を含むSetが返される。
Set<String> selected = filter( set, or( equalTo("bbb"), equalTo("ccc")) );
System.out.println( selected );

実行結果です。

[ccc, bbb]

こうなると、map とかInject とかもほしいところですな。