読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
無料で使えるシステムトレードフレームワーク「Jiji」 をリリースしました!

・OANDA Trade APIを利用した、オープンソースのシステムトレードフレームワークです。
・自分だけの取引アルゴリズムで、誰でも、いますぐ、かんたんに、自動取引を開始できます。

Hello Velocity World!

次はVelocityなのです。ということで、とりあえずHello World!的なものを書いてみました。

// Velocityを初期化
Velocity.init();

// テンプレートに渡す値を保持するコンテキストオブジェクトを作成
VelocityContext context = new VelocityContext();
context.put( "name", new String("Velocity") ); // name=Velocityに設定

// テンプレートを評価。
// 第四引数で指定した文字列をテンプレートとして評価した結果が、
// 第二引数のStringWriterに書き込まれる。
StringWriter sw = new StringWriter();
Velocity.evaluate( context, sw, "test", "Hello $name World!" );

// 評価結果を表示。
System.out.println( sw.toString() );

実行結果です。

Hello Velocity World!

プロジェクトのコードではVelocityを使ってJSPを書く仕組みになっているのだけど、どちらもテンプレートエンジンのようなものだよなー(あんまり詳しくないので確証はないけど。)Velocityの方を静的なソースコード生成ツールとして使ってるのかと一瞬思ったけど、どちらもServletから実行している様子。ただし、Velocityの方は起動時に1回だけ実行するようだけど。んー、使い分けがよくわからん。