読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
無料で使えるシステムトレードフレームワーク「Jiji」 をリリースしました!

・OANDA Trade APIを利用した、オープンソースのシステムトレードフレームワークです。
・自分だけの取引アルゴリズムで、誰でも、いますぐ、かんたんに、自動取引を開始できます。

利用可能なフォントのサンプル画像を作成するスクリプト

Ruby RMagick

利用可能なフォントのサンプル画像を作成するスクリプトを書いてみました。

  • システムで利用可能なフォントの一覧を取得し、
  • 各フォントで、指定された文字列を描画した画像を出力します。
require 'rubygems'
require 'RMagick'

size = 24 #サイズ
color = "#333333" #色
str = "Hello World!" #出力する文字列

fonts = Magick.fonts
img = Magick::Image.new( 600, (size+20)*fonts.size )
md = Magick::Draw.new
index = 0
fonts.each {|f|
  md.annotate(img, 0, 0, 0, 10+(size+20)*index, f.name+" : "+str) {
      self.font = f.name
      self.fill = color
      self.stroke = 'transparent'
      self.pointsize = size
      self.gravity = Magick::NorthGravity
  }
  index += 1
}
img.write( "./font_list.jpg" )

ローカル環境で実行するとこの画像が出力されました。