読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
無料で使えるシステムトレードフレームワーク「Jiji」 をリリースしました!

・OANDA Trade APIを利用した、オープンソースのシステムトレードフレームワークです。
・自分だけの取引アルゴリズムで、誰でも、いますぐ、かんたんに、自動取引を開始できます。

RMagickで画像の種類とサイズを表示するサンプル

Ruby RMagick

RMagickは画像処理ライブラリ「ImageMagick」のRubyインターフェイスです。これを使うと、

  • 画像を解析して情報を取り出す。
  • 画像を読み込んでエフェクトを適用する。
  • 画像を新規に作成する。

といった操作がさくっと行えます。

ということで、ローカルにインストールして、画像のサイズを表示するサンプルを書いてみました。

インストール

Cygwin環境にインストールしました。ImageMagickはすでに導入済みだったので、rmagickのみgem経由でインストール。

$ gem install rmagick

各モジュールのバージョンは以下の通りです。

  • ImageMagic : 6.4.0.6-1
  • rmagick : 2.11.0
  • ruby : 1.8.7

画像の種類とサイズを表示するサンプル

以下の通りです。

require 'rubygems'
require 'RMagick'

imgs = Magick::Image.read("./user.jpg")
img = imgs.first # 画像は配列で返される
                 # (アニメーションgifなどの場合、複数の要素が格納される?)
puts "format : #{img.format}"   # 画像の形式
puts "height : #{img.rows}px"   # 高さ
puts "width : #{img.columns}px" # 幅

←の画像を対象に実行すると、以下が出力されます。

format : JPEG
height : 180px
width : 180px