読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
無料で使えるシステムトレードフレームワーク「Jiji」 をリリースしました!

・OANDA Trade APIを利用した、オープンソースのシステムトレードフレームワークです。
・自分だけの取引アルゴリズムで、誰でも、いますぐ、かんたんに、自動取引を開始できます。

モジュールの依存関係リポートを作るサンプル

Ivy

reportタスクで、モジュールの依存関係リポートを作成できます。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<project default="report" basedir="."
         xmlns:ivy="antlib:org.apache.ivy.ant">

  <!-- ivyの配置先 -->
  <property name="ivy" value="ivy"/>


  <!-- 依存関係リポートを作成するタスク -->
  <target name="report" depends="download-ivy" >
    <ivy:resolve /> <!-- 事前にresolveを実行する必要がある。 -->
    <ivy:report />
  </target>

  <!-- ivyをダウンロードしてタスクを定義するタスク -->
  <target name="download-ivy">
    <mkdir dir="${ivy}"/>
    <get src="http://repo1.maven.org/maven2/org/apache/ivy/ivy/2.0.0/ivy-2.0.0.jar"
         dest="${ivy}/ivy.jar" usetimestamp="true"/>
    <taskdef resource="org/apache/ivy/ant/antlib.xml" uri="antlib:org.apache.ivy.ant"
      classpath="${ivy}/ivy.jar"/>
  </target>

</project>

事前にresolveを実行する必要がある点のみ注意。↓のような依存関係のモジュールであれば、

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<ivy-module version="2.0"
            xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
            xsi:noNamespaceSchemaLocation="http://ant.apache.org/ivy/schemas/ivy.xsd">
  <info organisation="ivy-test" module="test"/>
  <dependencies>
    <dependency name="scala-library" org="org.scala-lang" rev="2.7.3"/>
  </dependencies>
</ivy-module>

こんな感じのhtmlが出力されます。また、依存関係を示すグラフがGraphML形式で出力されます。