読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
無料で使えるシステムトレードフレームワーク「Jiji」 をリリースしました!

・OANDA Trade APIを利用した、オープンソースのシステムトレードフレームワークです。
・自分だけの取引アルゴリズムで、誰でも、いますぐ、かんたんに、自動取引を開始できます。

ローカルのファイルをフォルダ階層を維持したままSharePoint上にコピーしたい

Share Point ServerはWebDAVが話せます。なのでWindowsの「Webフォルダ」を使うと、ローカルのフォルダを(操作的な意味で)さくっとコピーできます。
「Webフォルダ」機能で接続すれば、後はローカルのフォルダをドラッグ&ドロップでOK。MKCOLも対応しているらしく、フォルダもちゃんと作成してくれます。ただし、アップロード速度的にはややもっさりです。

Webフォルダにつなぐ手順

以下はWindows XPからWebフォルダでSharePointに接続する手順です。

  1. なんとかして「マイ ネットワーク」を開きます。(普通はデスクトップにあるはず)
  2. 左上の「ネットワークタスク」-「ネットワークプレースを追加する」を選択
  3. 「ネットワークプレースの追加ウィザード」が起動します。「次へ」を押して、「インターネットまたはネットワークのアドレス」の入力まで進めます。
  4. 「インターネットまたはネットワークのアドレス」にSharePointサイトのURLを設定します。例) http:///sites/TopSite
  5. 「次へ」を押すと、認証ダイアログが表示されるので、アクセス権を持つユーザーのIDとパスワードを入力。
  6. あとは適当なネットワークプレース名を設定すればOK。

これで、「マイ ネットワーク」配下にSharePointサイトのWebフォルダが作成されるので、エクスプローラからブラウズしたり、ファイルをアップロードしたりできます。なかなか便利。