読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
無料で使えるシステムトレードフレームワーク「Jiji」 をリリースしました!

・OANDA Trade APIを利用した、オープンソースのシステムトレードフレームワークです。
・自分だけの取引アルゴリズムで、誰でも、いますぐ、かんたんに、自動取引を開始できます。

ビット演算でorを取りたい

Power Shell

「-bor」演算子を使います。「|」じゃないので注意な!

PS C:\> $a = 0x001
PS C:\> $a = $a -bor 0x002
PS C:\> echo $a
3

以下は全て外れです。

PS C:\> $a = 0x001
PS C:\> echo $a
1
PS C:\> $a |= 0x002
用語 '=' は、コマンドレット、関数、操作可能なプログラム、またはスクリプト ファイルとして認識されません。用語を確認し、
再試行してください。
発生場所 行:1 文字:6
+ $a |=  <<<< 0x002
# あれ、だめだ。
PS C:\> $a = $a | 0x002
式は、パイプラインの最初の要素としてのみ許可されます。
発生場所 行:1 文字:15
+ $a = $a | 0x002 <<<<
# そうか「|」はパイプラインなんだよな。
PS C:\> $a = $a or 0x002
式またはステートメントのトークン 'or' を使用できません。
発生場所 行:1 文字:11
+ $a = $a or  <<<< 0x002
# 解析モードの問題かな?
PS C:\> $a = ($a | 0x002)
式は、パイプラインの最初の要素としてのみ許可されます。
発生場所 行:1 文字:17
+ $a = ($a | 0x002) <<<<
PS C:\> $a = ($a or 0x002)
式またはステートメントのトークン 'or' を使用できません。
発生場所 行:1 文字:12
+ $a = ($a or  <<<< 0x002)
# そうか、-orか!
PS C:\> $a = $a -or 0x002
PS C:\> echo $a # おっと!いけたんじゃね?
True # orz.

# ここでググることを決意。

ちなみに、「+」などの算術演算子には対応する代入演算子「+=」とかがありますが、ビット演算子に対応するものは用意されていません。

PS C:\> $a = 3
PS C:\> $a += 3
PS C:\> echo $a
6