読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
無料で使えるシステムトレードフレームワーク「Jiji」 をリリースしました!

・OANDA Trade APIを利用した、オープンソースのシステムトレードフレームワークです。
・自分だけの取引アルゴリズムで、誰でも、いますぐ、かんたんに、自動取引を開始できます。

nlinkを使ってWindowsのAPIを呼び出すサンプル

kaisehのブログ - JavaからWin32 APIを簡単に呼べるnlinkを使ってみたより。nlinkを使うと、ネイティブコードとJavaのブリッジをさくっと作成できます。

  • 決められた規則に従ってinterfaceを作成しておけば、
  • 「NLink.create()」で、「interfaceが示すネイティブコードを呼び出すプロキシ」を作ってくれます。
  • 後は、プロキシのAPIを実行するだけ。

以下は、nlinkを使ってファイルを移動するサンプルです。

import nlink.win32.DllClass;
import nlink.win32.DllMethod;
import nlink.win32.NLink;

public class Move {

    public static void main ( String[] args ) {
        
        // ネイティブコードを呼び出してファイルを移動する。
        Kernel32 kernel32 = NLink.create(Kernel32.class);
        System.out.println( kernel32.MoveFile( "./file.txt", "./newFile.txt" ) );

    }

    // プロキシのインターフェイス
    @DllClass
    public interface Kernel32 {
        // 変換規則に従ってDLL内のAPIと同名のメソッドを定義しておく。
        @DllMethod
        int MoveFile( String lpExistingFileName, String lpNewFileName );
    }
}

これはすごいなー。