読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
無料で使えるシステムトレードフレームワーク「Jiji」 をリリースしました!

・OANDA Trade APIを利用した、オープンソースのシステムトレードフレームワークです。
・自分だけの取引アルゴリズムで、誰でも、いますぐ、かんたんに、自動取引を開始できます。

tweenerでスプライトを移動するアニメーションを作る。

Flex tweener

tweenerFlex/Flashで使えるトウィーンライブラリです。定期的にスプライトの属性を変更することで、

  • スプライトの移動
  • スプライトの透明化

といったアニメーションがさくっと作成できます。

インストール

tweenerのサイトからダウンロードします。Flexで使うので、「tweener_1_31_74_as3_swc.zip」を使用しました。展開したswcはlibrary-pathに追加して使います。

$ mxmlc -library-path=tweener.swc  Sample.as 

クリックでスプライトを移動するアニメーションのサンプル

以下はtweenerを使ってクリックした位置にスプライトを移動するサンプルです。

package {
	
  import flash.display.*;
  import flash.events.MouseEvent;
  import caurina.transitions.Tweener; // Tweenerのクラスをインポート

  public class Sample extends Sprite  {

    public function Sample(){
      
      // 円
      var circle:Sprite = new Sprite();
      addChild(circle);
      var g:Graphics = circle.graphics;
      g.beginFill( 0xFF4444 );
      g.drawCircle( 0, 0, 20 );
      g.endFill();
      
      // イベントハンドラを設定
      stage.addEventListener(MouseEvent.CLICK, function(ev:flash.events.MouseEvent):void {
          // Tweenerでクリックした位置にスプライトを移動する。
          Tweener.addTween( circle, {x:ev.stageX, y:ev.stageY, time:0.5, transition:"linear"});
      });
        
    }
  }
}

実行はこちら

なかなか便利。