読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
無料で使えるシステムトレードフレームワーク「Jiji」 をリリースしました!

・OANDA Trade APIを利用した、オープンソースのシステムトレードフレームワークです。
・自分だけの取引アルゴリズムで、誰でも、いますぐ、かんたんに、自動取引を開始できます。

HTTPでデータを取得するサンプル

Flex

FlexというかActionScriptで、HTTPでサイトに接続しデータを取得するサンプルです。クロスドメインまわりのことがまだ良くわかってないので、とりあえず同じサイトのデータを取得してます。

package {

  import flash.display.Sprite;
  import flash.text.*;
  import flash.errors.*;
  import flash.events.*;
  import flash.net.URLLoader;
  import flash.net.URLRequest;
  
  // HTTPアクセスするサンプル。
  public class HttpSample extends Sprite  {

    public function HttpSample(){
    
      // 取得したテキストデータの表示用テキストフィールド
      var stdout:TextField = new TextField();
      stdout.width = 500;
      stdout.height = 500;
      addChild(stdout);
    
      // URLを指定して、URLRequestを生成。
      var request:URLRequest = new URLRequest("./test.txt");
      // メソッドやHTTPヘッダなども指定できます。
      
      // 作成したリクエストを処理するURLローダーを作成
      var loader:URLLoader = new URLLoader();
      // リクエスト完了時の処理を定義しておく。
      loader.addEventListener(Event.COMPLETE, function( ev:Event ):void {
        // HTTPでのデータのロードが正常に完了した場合、ここに来る。
        stdout.text = ev.target.data;
      });
      
      // リクエストのデータをロード
      try {
          loader.load(request);
      } catch (error:*) {
          log(error);
      }
    }
  }
}

実行結果はこちら。swfと並列に以下の内容のtext.txtを配置しています。

aaa
bbb

参考:Adobe Flex ヘルプ - ネットワーキングとコミュニケーション