読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
無料で使えるシステムトレードフレームワーク「Jiji」 をリリースしました!

・OANDA Trade APIを利用した、オープンソースのシステムトレードフレームワークです。
・自分だけの取引アルゴリズムで、誰でも、いますぐ、かんたんに、自動取引を開始できます。

Maven Proxy のインストール

Tool Maven

Maven Proxy をインストールしました。

Maven Proxyとは

mavenからのplugin取得リクエストに応じてjarを代理で取得するプロキシサーバーです。以下の機能を持ちます。

  • プロキシ機能: クライアントからの問い合わせを受け、上位サーバーから代理でplugin jarを取得し返します。
  • キャッシュ機能: 上位サーバーから取得したplugin jarをキャッシュし、再利用します。

多数のユーザーがmavenを利用するような場合、プロキシを用意しておくと

という点でよいですね、という感じです。

インストール手順

今回はstand alone版ではなくwarで配布されているモノをTomcatに配備して利用しました。インストール手順の概要は次の通りです。

  1. javaのダウンロードとインストール
  2. tomcatのダウンロードとインストール
    • 詳細は省略。JDK 6 Update 6とTomcat 6.0.16 をダウンロードしてインストール。
  3. Maven Proxyのダウンロード
  4. tomcatへの配備
  5. 設定ファイル(maven-proxy.properties)の編集
  6. web.xmlの編集
  7. tomcatの起動

詳細は以下。

3.Maven Proxyのダウンロード

maven proxyのダウンロードページから「maven-proxy-webapp-0.2.zip」をダウンロードして解凍。

4.tomcatへの配備

zip内に含まれる「maven-proxy-webapp.war」を「/webapps」にコピーします。

5.設定ファイル(maven-proxy.properties)の編集

maven-proxyのサイトから設定ファイルのひな形「maven-proxy-0.2.properties」をダウンロードして適当な場所に「maven-proxy.properties」の名前で保存し、編集します。

今回は以下の設定を修正しました。設定ファイル内のコメントでいろいろ書かれているのでそちらも参照ください。

# ローカルのjarファイル置き場をフルパスで指定
repo.local.store=/srv/maven-local-repository

# ホスト名/ポートをプロキシサーバーのものに修正。
serverName=http://xxx.co.jp:8080

# プロキシ設定
proxy.list=one
proxy.one.host=<プロキシホスト>
proxy.one.port=<プロキシポート>

# リモートリポジトリの設定
repo.list=central,seasar2

repo.central.url=http://repo1.maven.org/maven2/
repo.central.proxy=one
repo.central.hardfail=false
repo.central.cache.period=3600
repo.central.cache.failures=true

repo.seasar2.url=http://maven.seasar.org/maven2
repo.seasar2.proxy=one
repo.seasar2.hardfail=true
repo.seasar2.cache.period=3600
repo.seasar2.cache.failures=true
6.web.xmlの編集

/webapps/maven-proxy-webapp/WEB-INF/web.xml」を編集し、「maven-proxy.properties」のパスを設定します。

  • 「WEB-INF/web.xml」はwarの中に含まれているため、一度tomcatを起動すると作成される「/webapps/maven-proxy-webapp」フォルダに含まれるモノを編集しました。
    • 本当はwar内のファイルを編集した方がいいんだろうけど・・。とりあえずスルー。
  • また、基底となるディレクトリがどこかよくわからなかったので、フルパスで設定してやりました。
<context-param>
  <param-name>maven-proxy.properties</param-name>
  <!-- ★↓の行を編集。 -->
  <param-value>/opt/tomcat/webapps/maven-proxy-webapp/maven-proxy.properties</param-value>
  <description>Controls where maven-proxy grabs its properties from</description>
</context-param>
7.Tomcatの起動

Tomcatを起動します。

$ <TOMCAT_HOME>/bin/startup.sh

これで以下のアドレスにアクセスすれば、maven-proxyの設定がみれるはず。

http://<maven-proxyをインストールしたホスト>:8080/maven-proxy-webapp

リポジトリのファイルは以下で閲覧できます。

http://<maven-proxyをインストールしたホスト>:8080/maven-proxy-webapp/repository/