読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
無料で使えるシステムトレードフレームワーク「Jiji」 をリリースしました!

・OANDA Trade APIを利用した、オープンソースのシステムトレードフレームワークです。
・自分だけの取引アルゴリズムで、誰でも、いますぐ、かんたんに、自動取引を開始できます。

忘れていた用語など

情報セキュリティ

問題集を解くにあたって、忘れてしまっていた用語などをまとめておきます。

スラッシング

メモリの大量使用によって仮想メモリへの入出力処理が増大し、CPU負荷が高まること。
(e-Words - スラッシングより)

フラグメンテーション

記憶装置の使用領域の断片化のこと。ファイルの配置が不連続になり、データ入出力のオーバーヘッドが増大する。でフラグして直す。
(e-Words - フラグメンテーションより)

チェックデジット

数列の誤りを検出したり捏造を防止するために、一定のアルゴリズムに従って付加される数値や記号。
(e-Words - チェックデジットより)

ペネトレーションテスト(侵入テスト)

コンピュータやネットワークのセキュリティ上の弱点を発見するテスト手法の一つで、システムを実際に攻撃して侵入を試みる手法。
(e-Words - ペネトレーションテストより)

監査証跡

各コントロール機能が情報システムの信頼性、安全性、効率性の確保に結びついていることを事後に実証するための手段。アクセスログなどが該当。現在のアクセスコントロール一覧なんかは監査証拠になる。
(システム監査の基礎より)

TCSEC

米国国防総省によって策定された、セキュリティ評価基準のこと。
(BINARY - TCSECより)

Common Criteria

情報セキュリティ国際評価基準。
(@IT セキュリティ用語事典 > CCより)